1人目⑦普通の主婦がどこまでも堕ちていく…

1人目トータスさん

トータスさんとはその後も頻繁にラインや通話をしていました。心の拠り所、まさにそんな存在だったと思います。

この記事は↓↓の続きになります。まだの方はこちらを先にご覧ください。

結果からいうと、エッチな写真送りました。なんで送ってしまったか、正直分かりません。

捨てられたくないから

喜んでもらいたいから

求められて嬉しかったから

夫に仕返ししたいから

どれも本心のような気もするし、どれも本心じゃない気もする。もちろん迷いました。そんな事言われるってやっぱり大切にはされてないんだなって傷つきました。それでも、おそらく、様々なタイミングや感情が重なった結果、このような行動を取ってしまったのだと思います。


ある日、「疲れたわー、最近ほんと疲れてるわー」と言って出社していったトータスさんに、ネットから拾った画像をふざけて送ったんです。手ブラした女性のバストアップの写真。ほんのちょっとのイタズラ心でした。

それを休憩時間に見たトータスさん。めちゃくちゃ喜んで、「頑張ってくれたんや、めっちゃきれいやん!ありがとう、元気でたわ!」と大興奮。

もっと軽く受け流してくれると思ったんです。「これ誰やねん、どこから拾ったねんw」て突っ込んでくれると思った。まさかこんなに喜ばれてしまうとは思ってもみなくて。

「ごめん、それ、私じゃないんだ…」

そう伝えた後の彼のテンションの下がりようと言ったら無かったですね。私も一緒に落ち込んでしまいました。その日の夜、

「さっきはごめんね」

「正直ショックやったけど大丈夫よ」

「本当にごめん、ふざけて」

「無理せんでええよ」

「………」「……….」

「ごめんね」

「………..」

「見たらすぐ消してくれる?」

「え、マジで?頑張ってくれるん?」

「絶対消してくれる?絶対?」

「ありがとう、◯◯ちゃんのこと思ってオナニーするわ」

「やめてよw」

みたいな流れになり。まぁもう最後の方はどうでもいいやという投げやりの気持ちにもなっていて、送ってしまいました。顔さえ写さなければネットに流れても実害は無いだろう、そんな感じで。

夫にセックスを拒まれ続けていたせいで、求められることが嬉しかったですし、事実私でオナニーするって言われた時も嬉しかったのも事実です(本来なら嫌悪感を抱くところでしょう)。それくらい、性行為を拒まれ続けていたせいで判断能力も自信も失ってしまっていたんです。

だから拒否している側のみなさん、このブログを読んでいたら、ぜひ夫婦のあり方を再考してみてください。体や心がどうしても受け入れられなくても、手や口や道具や言葉で満足させてあげることだって出来ますから。

結局送った写真はバストアップの写真と、後日に下の写真(!!)の計2枚。これ完全に貢がされるパターンor風俗に売られるパターンと一緒ですよね…どうなることやら_(:3」z)_

続きます

もしも辛くて苦しくて、どこにも居場所がないと思ったら。 たまには現実逃避したっていいんじゃないでしょうか 出会いSNS PCMAX

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村


セックスレスランキング

タイトルとURLをコピーしました