拗らせ不倫妻が何を思う〜映画レビュー【彼女がその名を知らない鳥たち】

雑記

U-Nextで配信されていて、なんとなく観てみました。※若干ネタバレしますので、これから観る予定の方はスルーしてください。

何気なく観たのですが、結果、大当たり!感情移入しすぎてズーンと沈んでしまうかなと思っていたのですが、後味も悪くなく。配役も演技も脚本も素晴らしかったです。

15歳年上の男・陣治(阿部サダヲ)と暮らしながらも、8年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)のことが忘れられずにいる女・十和子(蒼井優)。不潔で下品な陣治に嫌悪感を抱きながらも、彼の少ない稼ぎに頼って働きもせずに怠惰な毎日を過ごしていた。ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島(松坂桃李)。彼との情事に溺れる十和子は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。どれほど罵倒されても「十和子のためだったら何でもできる」と言い続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った彼女は、黒崎の失踪に陣治が関わっていると疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯えはじめる――。

一応映画のキャッチコピーは、「共感度0%、不快度100%」らしいですが、私的には共感度100%でした。

蒼井優演じる主人公の十和子と私、同年代なんですけどね。リアルなんです全部。似てるんです私に。過去の甘い思い出から抜け出せない感じとか。口先だけのイケメンにハマってしまうバカな所とか。自分を無条件に愛してくれる男相手には付け上がってわがままの限りを尽くしちゃう所とかも。

擦れて迷って拗らせてる市井の一般人をしっかり表現されていたので100%共感してしまいました。

一方阿部サダヲ演じる陣治。役としては粗雑で下品で汚い中年という設定だったようなのですが…明るく、健気で純情で、何より十和子を狂気なまでに愛していて。夫からの愛が足りず、外に求めても空回りばかりの私からしたらとても眩しく魅力的でしたね。十和子から邪険にされながらも彼女を献身的にマッサージ(性的じゃないですよ)してあげる陣治の幸せそうな顔といったら!もう本当に、心の底から純粋に、十和子を癒してあげたいっていう顔なんです。それがまたが愛おしかったぁ。

そして忘れちゃいけないのが松坂桃李演じる水島。下衆な二枚目不倫男、とてもはまり役でした。

特に十和子と水島の濡れ場はとても印象的で。バストトップも下着もほとんど映らないような、露出は少なめのベッドシーンなのに、妙リアルで濃厚なセックスを想像させるんです。

水島、ペッティング中に十和子に「あーって言って」って声を出させるんですよ。十和子が「あーーー」と、ちょっと緊張ながら声を出すと、同時にぐぐっとペニスを挿入する。そうすると十和子の喘ぎ声が一気に破裂するように漏れ出るんです。

あーーーーあぁぁああっっ」

って。ほんとエロい。あとは脚への愛撫、触れ方、舐め方、キスの仕方、全部エロい。あんな風に抱かれたら、中身ゼロで上辺だけ口先男でも、多くの女性はハマってしまうんだろうなぁとしみじみ。


それにしても、陣治みたいに自分の事を愛してくれる人に一生に一度でも会える人って、世の中に何人いるんでしょうね。だって犯罪の身代わりになってくれるほどの愛ですよ。結婚だってそこまで覚悟してしてないですよね。

「彼女を幸せにできるのは自分だけや」って。若干ストーカーちっくだけど、愛に飢えた抱かれない主婦(私)からしたら羨ましすぎる訳で…_(:3」z)

十和子はそんな人に出会えるという幸運を引き寄せたのに、昔の恋人を忘れられず、さらにイケメンの不倫相手と情事を重ねてしまう本当に馬鹿な女だと思う。そして、陣治の大切さに気づいた時にはもう遅くて。その馬鹿さ加減、救いようの無さが、私とも重なって苦しかった。

ラスト10分、十和子と陣治の出会いや伏線回収シーンでは涙が止まらなかったです。

男女関係で深く傷ついたことがあったり、悩んだ事がある人には必ず刺さる映画だと思います。おすすめです。

もしも辛くて苦しくて、どこにも居場所がないと思ったら。 たまには現実逃避したっていいんじゃないでしょうか 出会いSNS PCMAX にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村
セックスレスランキング
タイトルとURLをコピーしました