1人目⑫予想通りの結末〜トータスさん次回最終回

1人目トータスさん

この話は前回の続きです。まだお読みになってない方はこちらを先にご覧ください↓↓

翌日、ドキドキしながらトータスさんの連絡を待っていました。

絶対こちらからは連絡しないぞという意地があって、昨日の事が気になっても連絡を控えていたのです。

トータスさんは翌日のお昼休み中にラインしてくれました。「あー疲れたー。今ちょっとだけ電話する?」って。

電話をもらえるのはとても嬉しいんです。文字よりもやっぱり声が聞きたい。いつ既読になるかな、いつ返信が来るかなとやきもきして待つより、テンポよく話せて存在を感じられて一緒に笑える通話が好きで。だからふたつ返事で「うん」と答える私、ほんと都合の良いだけのバカ女。

「昨日どうだった?」

「ご飯食べただけやで」

「楽しかった?」

「楽しかったよ」

「彼女、なんだって?」

「なんかちょうど彼氏と別れたとか言うてたわ」

「それは元さやに戻りたいってことなんじゃない?」

「どうやろな、また今度飲もうみたいな話にはなったけどな」

ま、予想通りだよね。ううん、予想はエッチしちゃうと思ってました。だから予想よりはマシだったんだと思います。だけど、ほぼ予想通り。ようは元カノが今の彼氏と別れて寂しくてトータスさんとよりを戻したがってるってこと。トータスさんもまんざらでもないということ。

私その時、実はあまりショックじゃなかったんです。心の拠り所を失う辛さはあったけど、その頃には自分はトータスさんの事を好きだと思い込みたかっただけなんだろうなって気づいていたんです。元カノから連絡が来てひょこひょこ会いに行っちゃうあたり、ただの性欲旺盛な男の子なんだなって。そこら辺の男性と結局は一緒。私は一連のやり取りの中で、あまりに耳障りの良い言葉をかけてくれるトータスさんのことを、自分の理解者として若干崇拝というか神格化してしまった部分があったんです。そんな瞑想状態からようやく目が覚めたというか。(写真送ったりテレフォンセックスする前に気付けよって感じですがw)

冷静に考えれば、連絡マメで、たくさん構ってくれて、面白くて、だから心の安定の為に手放せなかっただけなんでしょうね。これでもう変な写真を撮ることも、テレフォンセックスを求められることも、本当に不倫してしまうことも、いつか突然音信不通になるのではと怯える事もなく、私から終わりに出来るんだって。どこか安心している自分がいました。

続きます

もしも辛くて苦しくて、どこにも居場所がないと思ったら。 たまには現実逃避したっていいんじゃないでしょうか 出会いSNS PCMAX にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村


セックスレスランキング

タイトルとURLをコピーしました